サラリーマンの
目の疲れを何とかしたい!

目はこまめに休めて疲労を軽減

パソコン、スマホ、ゲーム機などデジタル機器の普及によって、生活の中には目を酷使する要因があふれています。これらが、サラリーマンの目の疲れは仕事以外でも助長される結果となっています。目の疲れは、デジタル機器などの画面を凝視するだけでなく、書類などの細かい文字を見続けることでも感じるようになります。そして、目から、肩や背中のコリを始めとする疲労感や体のあちこちに不調を発症するようになります。人によっては慢性的な肩こりや頭痛の原因が目の疲労から来ているというケースも有ります。いずれにしても放置しないことが必要と言えます。

ハードな仕事をしているサラリーマンが目に不調を感じるようになるのには、加齢も大きく関わってきます。加齢によって目に現れる症状のひとつには老眼があり、世の中の平均的な発症年齢は50代前後と言われていました。そのため、老眼になると歳をとった証拠と考えられていますが、生活環境の変化によって、早い人なら30代からでも症状が起こるケースが増えています。具体的には、目がショボショボとして開けにくい、細かい字が見えにくい、特に夕方になると視界がぼやけるなどの症状が起こります。このような不調を感じるようになったら、休息をとったりケアをすることで症状の緩和が可能ですし、我慢をせずに老眼鏡を使用することも大切です。

サラリーマンは体に不調があっても仕事に追われて我慢してしまうことが多いのですが、目の疲れが睡眠をとっても改善できない場合には意識をしてケアをすることで、悪化させることなく症状の改善ができます。最も簡単な方法は血行の促進です。目、首、肩の血行が良くなれば不調が和らぎます。蒸しタオルで顔や首すじを温めるだけでもスッキリとできます。また、ゆっくりと首回しをすることでも血行促進に効果的です。目は長時間継続して使用せず、最低でも1時間、できれば30分ごとに休めることで疲労の蓄積が軽減できます。